MESSAGE

代表からメッセージ

代表からメッセージ


代表取締役社長 髙﨑 誠司

 

福岡県生まれ。

2002年に聖学院大学を卒業後、
2004年、ディップ株式会社に入社。
2008年に独立し、株式会社プレシャスパートナーズを設立。

DATE OF BIRTH:1977/12/14
BLOOD TYPE: AB
HOBBY: ドライブ

INTERVIEW

インタビュー

メンバーにとってかけがえのない存在

年に一度、社内が涙であふれる瞬間があります。それは前年度に活躍したメンバーたちを発表する表彰式です。万雷の拍手のなか、ステージ上に立った社員たちの瞳からは、1年間の努力や苦労、そして喜びがたっぷりと凝縮された大粒の涙がとめどなく流れ落ちます。
そして、その表彰されたメンバー以上に大号泣する上司や、目を真っ赤にして祝福する仲間の涙が会場を彩ります。その光景を見て、私も目頭が熱くなる。
これが、プレシャスパートナーズを象徴するシーンのひとつです。

2008年の設立以来、私たちは社名のとおり、“かけがえのないパートナー”であり続けることを一切曲げずに歩んでまいりました。
クライアント様にとってかけがえのない存在であり続けることはビジネスにおいて大前提です。その上で、これまで私たちが大切に育んできたものは、メンバー同士がかけがえのない存在であり続けるという文化です。表彰式で上司や仲間も一緒になって涙を流して喜ぶのは、その文化がしっかりと根付き、醸成している証です。
だからこそ、私は当社の魅力を問われたら、迷うことなく「人」と答えます。プレシャスパートナーズのメンバーは人間的に熱くて、前向きで、仲間を思いやれる“いいヤツ”ばかりです。仮に、現在とはまったく異なるビジネスを始めても、このメンバーとであればどんなことでも成功できると確信しています。

活躍するカギは「誠実に、真っすぐに」

私たちの仕事は物を売る営業ではありません。クライアント様や求職者に寄り添い、悩みや課題を解決するための提案をし続ける、サービス要素の強い仕事です。
そのため、クライアント様と真摯に向き合い、クライアント様を自分のことのように考えられる人間でなければ、価値のあるサービスを提供することはできません。そのような仕事の性質上、当社で活躍するメンバーは、誠実で、真っすぐで、情に厚く、ちょっとお節介な人がほとんどです。
その一方、新たにビジネスを企画したり、新たな分野に参入しようという挑戦意欲のあるメンバーが少ないことに課題を感じています。しかし、当社はあくまでベンチャー企業です。社歴を問わず、若いメンバーでも裁量を与え、常にチャレンジできる環境を整えています。
実際の例を挙げると、社内トップの成績を叩き出し続けてきた営業メンバーが「広報部を立ち上げたい!」と異動を申し出たことがありました。売上を常に牽引してくれた営業メンバーが現場を離れたときのダメージの大きさは容易に想像できました。しかし、その挑戦を認めなければ、私はそのメンバーにとってかけがえのない存在になれていないことになります。それは絶対に避けなければなりません。そして現在、そのメンバーは広報担当として新たなミッションに挑んでくれています。

求める人物像と1年目に期待すること

これからの10年は既存のビジネスをより強固なものにする一方で、新たなビジネスにチャレンジする必要性を感じています。そのため、企業理念に共感していただくことに加えて、チャレンジ精神が旺盛な方、牽引力のある方、発信力のある方、達成力・実現力がある方と一緒に働きたいと考えています。

今後は若い力が会社を引っ張る時代です。新しいことに挑戦したい、社会貢献につながることをやりたい、プレシャスパートナーズだからこそできるビジネスがやりたい――そんな想いを抱いて、仕事に向かってもらいたいです。
入社1年目ですぐに活躍することは難しいかもしれませんが、焦る必要はありません。1年目は種をまく期間です。2年目、3年目に芽吹いて花を咲かせるため、まずはプレシャスパートナーズのメンバーとしての基礎を身につけてください。

 

 

© 2015 Precious Partners 2018 Recruiting Site.